京大病院情報システムの沿革(1970 - 2016)

平川教授時代

  • 1970年 4月

    中央医療情報処理部設立(院内措置)

  • 1974年 8月

    医事システム委員会発足 設計開始
    (MUMPS DEC-PDP11/40 導入)

  • 1976年 9月

    医事電子計算機室設置

  • 1977年 1月

    外来医事システム稼働 診療番号発行 (第1次レンタル)
    (MUMPS DECーPDP11/70, PDP11/34 X3)

  • 4月

    医事電子計算機室を電子計算機掛に改組

  • 1980年 1月

    入院医事システム稼働 (第2次レンタル)
    (MUMPS DEC-PDP11/70 X3)
    病棟端末設置 医薬品情報サービス
    検査部システム稼働

  • 1982年 1月

    病棟システム稼働 検査結果参照サービス (第3次レンタル)
    (DEC-VAX11/780, PDP11/23)

  • 4月

    医療情報部設置

  • 1985年 1月

    医事システム強化
    (MUMPS DEC-PDP11/44 X5)
    LANの導入

  • 1987年 1月

    病棟・検査システム強化 漢字化
    (VAX8300/8200, PDP11/73 X2, IBM4361)

高橋教授時代

  • 1988年 4月

    医療情報システム改革委員会より
    「京都大学医学部附属病院次期総合医療情報システム
    (KING:Kyoto university hospital INformation Galaxy)」構想
    答申

  • 1989年 3月

    総合医療情報システム(KING)開発本部発足

  • 1990年 1月

    新システム(KING)稼働 (KINGの始まり)
    (IBM3090)
    医事会計システムをPCS/MVSへ更新

  • 3月

    病棟関連MUMPSシステムをMUMPS/VMへ移植
    UMIN接続

  • 1991年 1月

    検査部門MUMPSシステムの移行
    各オーダーシステム検討部会発足
    (新しいシステムはMVS上で開発)

  • 1992年 3月

    給食・看護・処方オーダー稼働

  • 4月

    医事会計翌月請求稼働
    医事課電子計算機掛を医療情報掛に改組

  • 8月

    手術オーダー稼働

  • 11月

    検査オーダー稼働

  • 1993年 6月

    医事システム改訂(標準パッケージ化)

  • 9月

    注射オーダー稼働

  • 1995年 1月

    KING2システム稼働

  • 2000年 1月

    KING3システム稼働

  • 外来患者案内システム導入

吉原教授時代

  • 2005年 1月

    KING4システム稼働 電子カルテ導入 3点認証システム導入

  • 2011年 1月

    KING5システム稼働 外来患者案内への位置計測システム導入

黒田時代

  • 2016年

    KING6システム稼働 指示の電子化を開始